宮古高校PUSHコース

7月21日(金)宮古高校でPUSHコースを開催しました。

受講者は、教職員のみなさん、合計12名。

笑いあり、驚きありの45分間。楽しく学んでおられていたのが印象的でした。

死戦期呼吸、けいれんなど、心停止直後に見られる体の動きについて、興味を持たれた方が多いようでした。これらの体の動きについては、「体が動いているから心肺停止ではない」と勘違いされてしまうことがありますが、心停止している際にも見られる重要なサインです。45分のコース後、短時間ですが、ASUKAモデルについての解説も行いました。

受講されるかたのニーズに合わせ、コースの内容を少し変更するなど柔軟な対応をすることもできますので、「このようなことを学びたい」というご希望がありましたらご相談下さい。


アーカイブ