©2008 救命処置を楽しく学ぶ会

第7回沖縄INARSコースが開催されました

October 2, 2016

10月2日に、沖縄協同病院で第7回沖縄INARSコースが開催されました。今回も、快く会場を提供して頂きました沖縄協同病院様に感謝申し上げます。

 

今回のコースは、沖縄INARSコースとしては初めての2ブース開催となりました。ブースは増えましたが、それぞれに認定インスト2名、ブースタスク2名と十分な体制で望むことができました。沖縄でのINARSの輪の広がりを感じます(^∇^)

 

INARSコースは標準化されており、全国どこで受講してもほぼ同じコースカリキュラムで学ぶことができますが、それぞれの地域で様々な工夫、試みがあり面白いです。

 

沖縄INARSは以下のような特徴があります。

・コースの導入で5分間のオリエンテーションを行い、「INARSとは何か?」「INARSを学ぶことの意義は何か?」について示し、モチベーションを高めて頂きます。
・コースは、「シンプルに」「わかりやすく」を心がけ、コースガイドの内容を忠実に、かみ砕いて指導します。
・シナリオベーストで進みますが、「できた」「まちがえた」ではなく「なぜ」を大切にし、「こうなんです」という指導では無く「ああ、そうか、こうなんだな」と受講生が理解に至ることを大切にします。
・コース終了時には、「沖縄INARSの目指すアウトカム」について数分間のプレゼンテーションを行い、INARSをどのように臨床に活かしていくのか皆で考えます。
・インストラクターは常に勉強、成長を目指します。コース前には沖縄INARSオリジナルのインストラクターの手引きで学びを深めたり、コース後にはメーリングリストでしっかり振り返りを行います(しっかり反省会という名の懇親会もします)。

 

今回のコースでも、笑いあり、真剣に悩む場面あり、大変表情豊かなコースになりました。コース後には、数名の受講生の方から「インストラクターを目指したい」というお申し出をいただきました。

 

次回のINARSプロバイダーコースは、11月末に千葉県船橋市での出張コース(closed)、3月に宮古島(一般公募)での開催を予定しています。その前に、1月に沖縄協同病院で、指導者養成ワークショップを行い、認定インストラクターの養成を行い、宮古島開催に備えます。

 

プロバイダーコース、指導者養成ワークショップとも、沖縄県外からの受講希望もお受けしております。これまでにも、関東、関西、中部、九州など各地からおいでいただきましたが、皆、指導者として各地で活躍されています(沖縄コース開催の都度、沖縄にいらっしゃるインストもいます(笑))。

 

コース開催が決まりましたら、このfacebookページ、救命処置を楽しく学ぶ会のホームページ、いくつかのメーリングリストでアナウンスいたします。

 

今後とも沖縄INARSをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

アーカイブ
Please reload